2022.10ついに札幌へ移住!!

【女一人旅】ゲストハウス(ドミトリー)を泊まり歩く、私の宿選びポイント

こんにちは。
医療職15年を経て2020年に退職。
好きな時に好きな場所で、ノマド生活を始めた“たむたむ”(@Tamtabi_jp)です。

旅をする時、宿泊施設の候補としてゲストハウス(ドミトリー)を考えたことありますか?

私は女一人旅をする時は、優先してゲストハウスを選んでいます。
「気になるけど勇気がなくて踏み出せない。」
という方にもぜひ一度利用してみて欲しい!!

そんなゲストハウスの魅力や選び方、注意点をまとめました。
私は海外・国内合わせてで30件以上は泊まってきたので参考にしていただけると嬉しいです♪

旅館休兵衛女性専用ドミトリー
京都・清水寺に近いゲストハウス

まずはゲストハウスってどんなとこなんでしょう?
簡易の宿泊施設で、ほとんどがドミトリーと呼ばれる複数人が同室で宿泊するタイプが多いです。
ホテルと違いサービスは最低限で基本的に自分のことは自分でします。
自分のスペースは寝床のみ、トイレ、お風呂、キッチンなどは共有です。

タオル、寝間着、歯ブラシ、スリッパ、シャンプーなど、ホテル・旅館なら当たり前にあるアメニティもありません。(施設によってまちまちですが)

その分、宿泊費をどーんを格安で提供してくれるのがゲストにとっては嬉しいところ。


施設ごとの特色が出やすく、
家にお邪魔しているかのようなアットホームな雰囲気のゲストハウスから、近未来的でスタイリッシュなゲストハウスもあります。

補足

厳密にはゲストハウス=ドミトリーではありません。

ドミトリーは空間をシェアして宿泊するタイプのお部屋。

ゲストハウスには個室タイプもドミトリータイプもあります。

…が、ここではゲストハウス≒ドミトリータイプの施設としてお話しています。

私が思うゲストハウスの魅力

デスクも付いてた快適スペース・京都

ゲストハウスの魅力。

私は出張で一度利用してからハマってしまい、女一人旅で毎回利用しています。
もはや、素敵なゲストハウスを探すことが旅の目的になっていることも。

暇さえあれば、世界中の「お洒落かつ居心地良さそう」なゲストハウスを探しています。
そんな私が思うゲストハウスの魅力を紹介します!

1人だけど1人じゃない!交流が始まる場所

ドミトリーでは自分のスペースは寝る場所のみ。
一歩外へ出るとトイレ、シャワー、洗面所、キッチンに至るまで共有スペースです。

ゆっくりコーヒーでも…と共有スペース(ラウンジ)に行くと、他の旅人やスタッフとの会話が始まることも。
知らない人と会話とか苦手だから、そんなの無理?
大丈夫です。
私もかなりの人見知りだし、1人好きな内向的な性格です(笑)

無理して人と話すことはないし、1人でゆっくり過ごしてOK。
もし「交流したいけど勇気が出ない」という人は、ゲスト同士が交流できるイベントに注目です。
夜ご飯会や季節のイベント、観光地めぐりなど。
施設によって積極的にイベントをしてる所もあるのでチェックしてみてください。

個室だと完全に一人だけど、人の存在を感じられつつ自分の時間も楽しめる。
そんなドミトリーの空気感が好きです。

節約旅にうれしい低価格設定

ドミトリータイプのゲストハウスは日本国内でも1,500〜3,000円/泊の価格設定が多いです。
かなり安いビジネスホテルでも約5,000円/泊はかかると思えば破格のお値段。

  • できるだけ節約したい学生
  • 寝るだけの宿はなるべく安く抑えたい人
  • 節約しつつ旅したい人

みんなの味方です♪

最近は豪華なドミも出てきておりもう少し高めのものもあります。
自分の条件に合わせて選べるから嬉しいです。

個性豊かな施設と人々に出会える場所

巨大チェーンホテル(某AP◯ホテルとか)は、どこに行っても部屋の作りも同じ。
家具家電も同じ。
ということが多いです。
(もちろんそれが安心できるメリットでもありますけどね!)

でもゲストハウスは千差万別。

私はこのポイントに1番ハマってしまったのかもしれません。

ホテルのようなふかふかベッドのお洒落な所があるかと思えば、
和室に二段ベッドが並んでいたり、畳に布団が並ぶ所もあり。

そこに集まる旅人もユニークな人が多いこと。
「ここに住んでます?」な主のような人がいたり、
各国のバックパッカー、出張中と思しきサラリーマンなどなど。

ホテル泊では絶対出会えなかったであろう、年代、職業の方と出会うきっかけが生まれます。

私の体験談
旅の途中、不思議と自分の求めていた人と出会える。
そんな体験を何度もしたことがあります。

どういうことかと言うと。
私が悩んでいること、知りたいと思っていることの答えを知っている人が自然と現れるんです。
別にスピリチュアルな話じゃないですよ(笑)

これからの将来に悩んでいると「大丈夫、あなたならできる」と欲しかった言葉をもらえたり。
挑戦したいけど不安があり戸惑っていると、その道の専門家にちょうど出会えて教えていただけたり。

人生って上手く出来てるな…としみじみ思います。
そしていつか私が誰かの役に立てたらいいなぁとも思っています。

旅ってすごい!!

女一人旅でのゲストハウス利用について

ザミレニアルズのラウンジ

私はこれまで女一人旅で、国内外30以上のゲストハウスに泊まりました。

心配な猫
心配な猫
  • 女一人で利用できるの?
  • 危険はないの?
  • 注意する点は?

これからゲストハウスを使ってみたい初心者さんに向けて、疑問や注意点をまとめました。

女性1人で危険はないの?

もちろん女性一人のり用もおすすめします!

ただ大前提として理解しておいて欲しいことがあります。

ドミトリーは完全個室ではありません。
カーテンや簡易の仕切りで区切られ施錠はできません。
(※貴重品を入れるための鍵付きロッカーなどはあります。)

女性一人だからと言う前に、男女誰でも危機管理は必要ということです。

宿泊者なら誰でも出入りできるのは個室とは大きく違う点。
自分の身・荷物は自分で守らねばなりません。
治安の良い日本国内とはいえ、警戒心ゼロで利用するのはお勧めしません。

せっかくの楽しい滞在が台無しになるのは避けたい。

ということで、注意点をチェックしておきましょう。

注意するポイント

まず大切なのは「私は周囲に気を配っているぞ。」と周囲に示すこと。
自分の荷物管理もせず、警戒心ゼロの様子ではトラブルを引き寄せることになります。

具体的に注意することをお話します。

自分の身を守るための対策

  1. 女性専用ドミトリーを利用する
  2. 不安・不快なことはスタッフへ相談

多数の人が同じ空間で寝泊まりするドミトリー。
もちろん隣に男性が…ということも普通にあります。

私は無用のトラブルを避けるため、また自分の不安を減らすため「女性専用ドミトリー」を優先的に利用しています。

「男女共用」と「女性専用」を比較すると多少高いこともありますが、そこまで差はありません。

どうしても空きがない場合、「男女共用」しかない場合は利用することもあります。
今のところトラブルとは無縁ですが、もしも不安に感じることがあればスタッフに相談するのが一番です。

無理に声をかけてこようとする、不審な行動をしているなどあればすぐスタッフに。
もし他のベッドに空きがあれば変更してくれるかもしれません。

残念ながら、女性の方がこういったトラブルが多いのも事実。
気を抜きすぎるのは禁物です。

自分の荷物を守るための対策

ドミトリーのスーツケース収納場所
  1. 貴重品は肌身離さず持つ
  2. 南京錠・ワイヤーロックを活用する

個人のスペースが完全個室ではないため貴重品の管理も大切です。
ほとんどのドミには鍵のかかる貴重品入れが備わっています。

ロッカータイプや小さい引き出しタイプ。
自分のスペースに設置されている場合、別のロッカールームがある場合。
様々あります。

大きな荷物があった場合は全て入れることはできないかも。

ということで、荷物の種類ごとのおすすめ保管方法。

無くなったら困る貴重品:財布、スマホ、カメラ、手帳など

貴重品は基本は全てを常に持ち歩く!これに限ります。
小さめのショルダーバッグやボディーバッグなどにコンパクトにまとめます。

最悪の場合、これさえ残ればなんとかなる物は慎重に管理しましょう。
自分のスペースに放置して離れるのはダメ!!

シャワーやトイレで離れる場合は、鍵付き収納に入れるか持ち歩きます。
私は毎回出し入れがめんどうなので持ち歩いてました。安心できるし。


海外ではこんな↓セキュリティーポーチに現金・クレカ・パスポートを入れて、それこそ肌身放さず持っていました。

大切な物たち:デジタル用品、旅先で買った物、お土産など

無くなっても買い直せるとはいえ悲しいものたち。
パソコン、タブレット、旅先で購入した物やお土産などですね。

PCやタブレットは大きいので常に持ち歩くか迷うところです。
私はまちまちですね。

購入品やお土産はまとめて鍵付きスペースかスーツケースに入れっぱなしです。

その他:洗面・入浴グッズ、化粧品、スキンケア、着替え、タオル、靴など

グリッズ京都四条河原町の女性専用ドミトリー
一般的なゲストハウスの室内の様子

その他の日用品たちはかさばるので、鍵付きスペースには入らないことが多いです。

周りのゲストの様子を見ている感じ、そこまで厳重に管理している人は少ないです。
タオルや服、靴は自分のスペースに置いてあります。
洗濯してそのへんに干してあることも。

高価なブランド物の場合は注意したほうがいいですけどね。
(私はそんなものないので全く気にしてませんでしたが笑)


「自分の荷物をそのまま置いておくなんて!」
「スーツケースに入れたとは言え心配!」
という方は鍵付きワイヤーロックや南京錠が便利です。

スーツケースごと柱や手すりなどにくくりつければ、持ち去られる心配はありません。
特に海外ではあると便利&安心です。


私が持っている鍵は↓この2種類です。
経験談ですが、鍵だけは100均ダメです!!普通に壊れます。

私がゲストハウス(ドミトリー)を探すときのポイント

今では世界各国に泊まりたいゲストハウスがある私。
いつもどんなサイト・アプリで、どんな条件で探しているのかをご紹介します。

おすすめのサイト・アプリ

めちゃくちゃ愛用しているのは「【Booking.com】世界のホテル割引予約(アプリも有)
世界中の宿をいろんな条件で探すことができます。
口コミや写真も多く、見ているだけでも楽しいです。

格安ゲストハウス(ドミトリー)からちょっとセレブな高級ホテル・旅館まで。
会員限定の割引や特典もあってお得です。


私が利用しているサイト・アプリはまとめはこちら。

ただあちこちのサイト・アプリでお気に入りリストを作ると、ややこしくなるので私はほとんど「Booking.com」で探しています。

時には先輩旅人のブログや、SNS情報で素敵な情報に出会うことがあります。
そんな時は即チェックしてGoogle MAPで☆つけます!

私が重視する条件はこれ

ドミトリーのキッチン

実際に私がゲストハウスを探すときに重視している条件です。
上の方が優先度高いです。

※無料Wi-Fiはもう普通に付いてるので条件に入れていません。


  • 国内:1泊3,000円まで/海外:1泊2,000円まで
  • 女性専用ドミトリー
  • 口コミ評価が高い
  • 直前までキャンセル無料
  • 周辺の治安・アクセスの良さ
  • 共有ラウンジが広い・24時間使える
  • 個人スペースの区切りがしっかりしている
  • アメニティ充実(特にバスグッズ)
  • 個人スペース内にコンセント
  • 無料コーヒー・ドリンクサービス有
  • 洗濯機あり(無料だと最高)
  • カフェ・バーが併設
  • 外国人率の高そうな所

あとは写真もしっかり見て自分の好みの所を探します。
実際の感想も重要なので口コミも見ます。

また写真と施設説明に矛盾がないか。
「洗濯機」と書いてあるのにどう見ても写真になかったら、私はパスします。
写真も室内がきちんと写っているか。
謎に観光地の写真ばかりのところは怪しいな…って思っちゃいます。

宿を探しているんだから、ちゃんと宿の情報が知りたい。
それを適切に提示してくれているか。という当たり前のことが意外とできてない所もあります。

海外はかなりアバウトなので、後で後悔しないようしっかり調べた方がいいです。
どうしても泊まりたい…という所なら問い合わせるのもあり。


また、私はWi-Fiの速度も気になるので口コミかなり見ます。
海外だと「FreeWiFi」と書いてあっても、共有スペースでしか使えないこともあって要注意です。


ドミトリーの朝食サービス

以上の条件にプラスして「あったら嬉しいな~」な条件。

  • バスタブありの浴室
  • 大浴場・露天風呂
  • 朝食無料サービス
  • ルームウェア

こだわりポイントはそれぞれ違うと思いますが、参考になれば幸いです。

ゲストハウスを賢く利用して、素敵な旅をしよう

お洒落な共有ラウンジ

私的に女性ひとり旅でもゲストハウス利用はガンガン推していきたいところ。

一人の時間を大切にしたり、ちょっと寂しいなって思ったら周りに仲間がいたり。
使い方しだいでどうとでもなるのがゲストハウス。

私の場合は「とにかくたくさん旅がしたい」ので、宿泊費が抑えられるゲストハウスは嬉しいです。
自分の旅行スタイルにも合っている上に安いですからね。
観光ホテルの料金感覚と比べたら、半分以下…いやもっと安いこともあります。

そんな私でも、全く知らない土地や、1日歩き回るハードなスケジュールの場合など。
かなり疲れそうな時は個室を予約することもあります。
楽しい半面、人と部屋をシェアするのって気を使うので。

他人と空間を共有するのって、未体験だとちょっとドキドキ。
でもだからこそハマると病みつきになるので不思議なものです。


私の今後の予定としては、ベトナム一人旅行くので今から宿探しに余念がありません。
海外なので気を引き締めて楽しい一人旅をしたいです。

実際にこれまでに泊まってきたゲストハウスの紹介記事も順次UPしていきますね。
質問や感想などありましたら、気軽にコメントください!

2 COMMENTS

なないろ珊瑚

たむたむさん、こんにちは。
前回はコメントに返信頂き有難うございました。
そして、いつも楽しくて為になる記事有難うございます。

今月の初め、京都の上賀茂神社や下鴨神社に行ってきましたが、紅葉も見頃が過ぎて人出もひと段落。人混みが苦手な僕でも、まずまず落ち着いて観光出来ました。

ところでドミトリー。
僕は50代なんですが、若かりし頃はゲストハウス的な存在は無くて、高校の卒業旅行で北海道一周した時はユースホステル(大体は夜行列車泊でしたが)を利用しました。畳の部屋もありましたが、ほぼドミトリーのような2段ベッドで、昭和55年頃当時1泊2食付き1900円くらいだった記憶してます。

で、ドミトリーですが、最初で最後の利用が宮古島でした。
住んでいた宮古島を離れる際、知人のゲストハウスに3泊。毎晩オーナーや同宿した人達と飲んで語らい楽しい思い出になりました。

ただ年齢的、性格的に旅先全ての宿泊をゲストハウスでするのは無理っぽいので、精神的、体力的に余裕があれば、また利用してみたいと思っています。

返信する
たむたむ

なないろ珊瑚さん、こんばんは。
おぉぉ…過分にお褒めいただき嬉しいです(*´ェ`*)
好きなことを語ると長くなる性分なので、楽しく書いています!

上賀茂神社は以前行きましたが、ピンと張りつめた神聖な空気にゾワリと鳥肌が立ったのを覚えています。
人が少ない神社仏閣をめぐるのは、心が穏やかになるので大好きです。
人混みは…私もとても苦手です><

ドミトリー大好きなんですが、私もたまには個室で過ごしたくなります。
その時の体調、テンションと相談して使い分けたいですね♪
北海道一周ステキです!!
私はいつかキャンピングカーで一周したい野望を抱いています(笑)
叶うかなー(。・・。)

本格的な寒さがやってきていますね。
お身体に気をつけてお過ごしくださいませ!

返信する

なないろ珊瑚 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください