京都なんにもしない一人旅【その③文房具店をひたすら巡る】

その②はこちら↓

その①はこちらから↓ 高速バスに飛び乗りやってきた京都♪ いよいよ2日目から本格スタート。 とは言っても「なんにもしない」テーマなのでまったりいき...

さて京都何にもしない一人旅 2日目です。

今回は文房具ヲタク炸裂回です♪

素敵な文房具やお店を紹介しますね。

それでは、よろしくお付き合いくださいませ!




京都2日目│文房具店をひたすら巡る

京都お土産屋さん

「前田珈琲室町本店」でスペシャルモーニング。

その後、六角堂前のスターバックスでまったり♪

この時点でかなり満足しちゃってますが、今日はこれからが本番。

グリッズ京都四条河原町店

グリッズ京都四条河原町店」さん、お世話になりました!

22時頃着いて、本当に寝るだけだったな。

荷物は預けて出かけます。

快晴!!

もう歩いてるだけで楽しくて…♡

宿の立地が抜群なので、ちょっと歩くと鴨川に出ます。

青い空、鴨川、京都!!!!とテンションも上がります。

京都鴨川のほとり

なんとなく歩いていても、ニヤニヤしてくるほど好き、京都。

京都、好き。

京都のお洒落可愛いカフェ

このカフェ?も外観すてきだったー

あちこち行列ができてて気になって、寄り道しながら歩きます。

TOBICHI京都│ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)

TOBICHI京都の寿ビルディング

寄り道しすぎて歩き疲れた頃、到着したのは「グンイデルビ寿」?

いいえ、「寿ビルディング」(‘ω’)

このレトロな建物の5Fに「TOBICHI京都」さんの店舗があります。

TOBICHI(とびち)京都」は、
糸井重里が主催するウェブサイト
ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」が運営する、
店舗」であり「ギャラリー」であり「イベント会場」です。

2014年8月、東京・青山にオープンした「TOBICHI」、
2015年2月、その三軒となりにオープンした「TOBICHI②」。
3つめに誕生した「TOBICHI京都」は、
2017年6月、「ミナ ペルホネン」京都店の一角に、
ポップアップショップのかたちではじまりました。
そして2018年5月1日、
TOBICHI京都」は、
同じビルの5階にあるスペースをお借りして移転オープン。
ポップアップショップから、
独立した常設の空間へとうまれかわりました。

TOBICHI京都公式サイトより引用

ほぼ日手帳で有名な「ほぼ日刊イトイ新聞」が運営する、まさに「飛び地」。

9月は来年のほぼ日手帳が発売されて、手帳好き界隈はお祭り騒ぎ(笑)

たんまりとほぼ日手帳が見られます。

カバーは何十種類もあるので、すべて揃うのはなかなかにレア。

迷いに迷ったけど、

TOBICHI京都

ほぼ日手帳WEEKS用下敷き

買ったの下敷き一枚だけ。でもこれ探してたもの。

今年のは水色で…ちょっと好みじゃない。

2018年のブラウンがどこにもなかったので、ラス1だったので即買いでした。

やっぱり専用の下敷きはいいなっ。

TOBICHI京都、

店舗はけっこう狭いのですが、ギュっと好きが濃縮されてて大好きな所です!

初見さんは迷子必至!?「裏具」さんと「裏具ハッチ」さん

裏具へのとっても細い道

この狭い路地を抜けた先に「裏具」さんはあります。

シンプルで優しい和デザインの紙物がたくさん。

あちこちでおススメされていたので、私もぜひ行ってみようと・・・そして迷いました。

立地は、清水寺や安井金比羅宮などの有名観光地から鴨川寄り。

お散歩がてら行ける距離なのですが、如何せんこの路地ですよ。

分かりにくいとは聞いていたけど、これほどとは!!

でもこういう秘密の通路通って行く感じ、大好きです(笑)

たどり着いた感ハンパなかったですもん。

(ちなみに入り口は二か所あって、私は特に分かりにくい方から入ったみたい。)

私がお気に入りなのは「まめも」という小さな小さなメモ帳です。

メモ帳というより小さな一筆箋と言うべきでしょうか。

裏具のまめも

今回は左の彼岸花の柄を購入しました。

左から「そめそめ華」「遠山櫻」「まいまい菊」というお名前。

名前も可愛いんですよね。ついつい全部手に取ってみたくなります。

まめも は各380円+税

箱入り3つセット は1390円+税 です。

お土産、贈り物にもとってもおすすめの一品です。

そして「裏具」さんの妹分的なお店が「裏具ハッチ」さんです。

裏具ハッチ

清水寺への参道、八坂の塔が望めるTHE☆観光地ど真ん中にあります。

こちらは見つけやすいです(笑)

裏具ハッチは、裏具の妹分。少しカジュアルな品揃えで、観光地の真ん中なことから、御土産を買うときも、相手の顔を思い浮かべて買ってほしい。という想いから生まれました。裏具でいただいたご縁から生まれた、コラボ商品の食器やタオル、ブックカバーなど。ハッチだけのオリジナル商品、活版言札や、お守りのカタチをした「言守」などののメッセージカードを置いています。

uragu│裏具公式HPより引用

裏具さんは「書く」ための紙物が専門ですが、

裏具ハッチさんは紙物だけではなくタオル、ブックカバーなども置いてあります。

清水寺参拝の折に、ぜひ訪れてみてくださいね。

ニトムズが運営するコンセプトストア「日東堂」

こちらは何の前情報もなく入ったお店です。

せっかく清水寺付近に来たので、観光のメッカ二寧坂周辺も歩いてみようと。

京都、八坂の塔

人はものすごく多いですが、やはりいいですね。日本人で良かったとしみじみ思えます。

そんな中お洒落なコーヒースタンドと共にこの「日東堂」は現れました。

日東堂

レトロな看板デザインにも惹かれ、中をチラ見すると文具を始めお洒落な雑貨が。

そういうお店は多いので通り過ぎようとして、3度見して立ち止まりました(笑)

まて、なんだこの品ぞろえは!?

ニトムズさんの文具ブランドである「stalogy(スタロジー)」の製品がたーくさん。

田舎ではもちろん、京都のロフトやハンズを探しても置いていなかった商品が、こんな観光地のど真ん中で見つかるとは・・・。

私が大好きなのはこちら↓の「マスキング丸シール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

STALOGY(スタロジー) 丸シール 20mm シャッフルツリー S2231
価格:432円(税込、送料別) (2018/11/16時点)

よくある丸シールがマスキングテープ素材でできていて、カラフル&サイズ豊富&お手ごろ価格。

手帳やノートに貼って、上から字を書くこともできます。

今回私が探し求めていたのは、↓こちらの「エディターズシリーズ365デイズノート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニトムズ STALOGY(スタロジー) エディターズシリーズ 365デイズノート…
価格:1652円(税込、送料別) (2018/11/16時点)

無駄のないシンプルかつ大人なデザイン。

紙質は薄いのですが、しっかりしていてサラサラと書き心地良いです。

そしてこれの半分のページ数の「1/2イヤーノート」。

そう!!!これを探していたんです私。

どこを探しても365デイズはあっても1/2イヤーはない。

1/2イヤーが奇跡的にあっても、私の希望のサイズ・カラーじゃない・・・。

と何度涙を飲んできたことか。

なぜここに・・・(´・ω・`)

ある意味衝撃の展開でした。でもでも本当に嬉しい♡

しかも2018年9月にオープンしたところですよ。運命かな?←違う

日東堂で買ったもの一覧

うふふ・・・ショップの袋もめちゃくちゃ好み(*´ω`*)

ステッカーもいただいたー!しぶい!!好き!!

ちなみに2階に上がると、

日東堂の2階スペース

こんな明るくてステキなスペースがあり、珈琲を楽しみながらゆっくりできます。

窓からは八坂の塔がどーんと見えて、最高に京都感を楽しめる立地。

それなのにお店ができたばかりなせいか、2階スペース全く人がいませんでした。

次はぜひここで珈琲タイムしたいです!

京都のLOFT・東急ハンズの戦利品

ふう、専門店で語りすぎたねこれは。

あとは全国展開のお店なのでまとめますね。(私も疲れた…)

でもやっぱり、田舎のロフトやハンズとは桁違いの品ぞろえ。

そして手帳シーズン真っ盛り。

もうホクホクしながら回りましたね。

日本文具大賞受賞│himekuri

私が今回絶対欲しかったものの1つが「himekuri」です。

京都ロフトにてhimekuri購入

日本文具大賞2018を受賞した、小さく可愛い日めくりカレンダー。

普通の日めくりと違うのが、付箋になっていて手帳やノートにペタリ。

読書の付箋代わり、作り置きの日付けに…といろいろ使えます。

何より、めくると毎日違う絵柄が出てくるのが可愛くてしょうがない!

私は猫柄にしましたが、文房具柄もある・・・欲しい(笑)

日めくりカレンダーの紙から生まれた│365notebook

なんだか「日めくり」被りしちゃいましたが、日めくりカレンダーの紙でできたノート♪

東急ハンズで購入したものたち

私の購入した「墨」以外にも「桜」「山葵」「霧」「雪」など四季折々の自然を感じさせる、かわいい名前のカラーが揃っています。

昔懐かしの日めくりカレンダーの紙まんま。薄-くってシャリシャリしていて、優しい風合い。

筆で書くにも良さそうです。はぁ・・・大好き(*´Д`)

※ステッカーはただの衝動買いですw

本日の宿へチェックイン

祇園にできた新しいホステル「旅寛HOSTEL祇園」

2日目の宿

さて、今日はひたすら文房具を求めて歩き回りました。

でも結果的に観光地も回れたし、新しいお店も開拓できたし。

大変満足な一日でした。

本日のお宿は「旅寛HOSTEL祇園」さんです。

名前の通り祇園ですが、お高い所には泊まれません。ドミトリーですっ!

あとから知ったけど2018年7月にできたばかりの真新しい宿でした。

旅寛ホステル祇園の女性専用ドミトリー

寝床の床が畳になっています。日本人には嬉しいですね~

真新しいから少し畳の匂いもしました。

設備も新しくて清潔だし、アメニティも充実。

スキンケア用品持って行かなくてもいいくらい。

コットンや綿棒まで置いてあってありがたいです。

アメニティがとっても充実しています

快適な寝床で( ˘ω˘)スヤァして、3日目も元気に参りますぞ!!

乞うご期待くださいませ。

(文具愛故に長くなりすぎすみませぬ。反省はしていない。でも疲れた。笑)