【次の旅予告】2019.11 京都紅葉の旅2泊3日

30代女が初車中泊の旅をしてみた~山陰2泊3日~

先日、生まれて初めて「車中泊旅」をしてきました。

女1人旅で、初車中泊なのにいきなり2泊3日。

ずっと憧れていたので思い切って!

良かったとこ・悪かったとこなど振り返ってみました。

 

初車中泊の旅~計画~

 

岡山県南を出発し、北へ。

岡山の県北と、鳥取・島根をうろうろする2泊3日プラン。

軽自動車にて下道優先で移動。

 

※結局、島根は行かずでした。

 

今回の旅の目的5つ

 

とにかく1人で車中泊する!

お洒落図書館に朝から晩まで居座る

日本海を眺めながら温泉に入る

大自然に癒される

秋の夜長に車で読書を楽しむ

普段はバックパッカー的な旅が多いですが、車中泊の旅は人生初めて。

車の中で寝るだけなので、やろうと思えばすぐできそう・・・。

それでいて意外と壁が高いのですよね。

 

いつもは3連休なら必ずどこか旅するのですが、私は疲れていました。

仕事と家の往復。仕事のストレスフルな環境に。

 

「誰にも会いたくないし、空気のキレイな大自然の中で目覚めて、

気が向いたとこで停まって、ちょっと美味しい物食べて、好きな本読んで、

あぁそうだ、寒くなってきたから温泉とか入りたい。」

 

そんな思いから、急に車中泊の旅を決めました。

 

シン、と澄んだ秋の空気の中、車で好きにのほほんと過ごす。

 

その時間を考えるだけで、ストレスフルな仕事も乗り切れました。

癒されるための旅なので、無理は絶対しないし、観光チックなこともしない。

もちろん観光したくなればする。

「せっかくだから〇〇しなきゃ」は絶対になし!!

 

気分が乗らなきゃ1泊で帰ろうとすら思っていました。

 

車中泊用装備は?

初めての車中泊に挑む装備ですが、マイカーは古い軽自動車。

今の軽のように広くもないし、天井も低く車中泊に向いているとは言えません。

初心者の私が、車中泊用に準備した物とは?

  • 目隠し・断熱用のアルミシート
  • タオルケット・毛布
  • クッション2個(枕用)
  • クーラーバッグ(食料入れ)
  • 防寒用の服たくさん(調節できるように)
  • ポータブルLEDライト
  • ガムテープ
  • 保温タンブラー
  • トイレットペーパー、ティッシュペーパー・ウエットティッシュ
  • サンダル
  • ゴミ袋

普通の旅行以外で特別に用意したもの、って感じです。

 

一番大切なのは、車内で過ごす時にしっかり目隠しできて、

外の寒さ(または暑さ)を遮断できて、足を伸ばして寝られる環境作り。

 

ここはやっぱり経験値が必要。

なんとかかんとか目隠しして、横になるスペースは作れたのですが

とっても大変だったし、予想外のこと多し。

落ち着くまで時間がかかりすぎて、リラックスタイムを楽しむ間もなく

すぐに寝落ちてしまいました(笑)

これもまたいい思い出です。

 

今回の反省を踏まえて、次の車中泊で使うべくDIYに取り掛かっています♪

 

初車中泊の旅~感想~

詳しくは後ほどブログに書きますが・・・

1日目:メインは図書館!?

早朝出発し、高梁市図書館(ツタヤ、スタバもあるお洒落な図書館)へ。

珈琲と本をこれでもかと楽しむ。のんびり付近を散歩。

ちょっと車でお昼寝。

夜に移動。北上し「鳥取県日野郡」の道の駅にて初車中泊。

かなり冷え込む地域で、最低気温3℃!!

全国でも5か所だけ!【岡山県高梁市】図書館・蔦屋書店・スタバの複合施設【岡山県高梁市】全国で5か所!図書館・蔦屋書店・スタバの複合施設

2日目:極寒の山陰山中で初車中泊&スパ三昧

大自然の中の目覚め。にやけるほどの快晴。

写真撮ったり、ドライブ動画撮ったりしながら日本海へ抜ける。

日本海が一望できる、日帰り温泉&スパにて一日過ごす。

海を眺めて漫画を読み、ご飯を食べて、露天風呂に入る。天国。

夜の露天風呂を満喫し、再び車で移動。

蒜山高原の道の駅で2泊目の車中泊。真っ暗で怖い・・・。

 

3日目:道の駅巡り、そして無事帰宅

蒜山高原の絶景のなか目覚め。

道の駅で地元のおいしい物を物色。

読書しつつご飯食べたり、ぼーっと景色を楽しんだり。

ボチボチ南下しつつ、道の駅を転々とする。田舎はいい。

早めに家に帰宅し、次の車中泊へ思いをはせる。←ハマったみたい。

 

以上。

 

人によってはやきもきする位、時間をゆったりたっぷり使った3日間。

贅沢は人によって違うもので、私には「ゆったりした時間」が何より贅沢。

ご飯はスーパーやコンビニの物で全く問題ない。むしろ美味しいし。

コンビニコーヒー最高では?

 

高速道路は使わず、全て下道で移動した結果。

2泊3日で、交通費も含めて11000円という驚異の旅費。

総移動距離は350㎞。

ドライブが趣味の人からしたら、一日の移動距離みたいなもんですよね。

でも私は1人でこんなに運転したの初めてで、ちょうどいい距離でした。

 

メインは山陰の大自然だったので、何度も周りを見渡して、心から

「これが幸せか・・・私幸せすぎる~~~」

とニヤニヤしたし、声に出しました。

運転しながらニヤついてしょうがなかったくらい。

 

読書が大好きな私は、この旅で

車中泊×読書×大自然

の組み合わせの中毒っぷりに気づきました。

癒しの素を3つ掛け合わせたら、もう浄化ですよ。これは心の浄化。

 

これはハマる。

 

疲れを感じたら、自動的に本持って出かけたくなる。

初の車中泊で「大失敗だわーやっぱ無理。」ってなることを想像してたけど、

思いの外、大満足で帰ってきました。

 

もう次の週末に出かけたいくらい。

車中泊の旅~良かったとこ~

圧倒的に良かったことの方が多かったです。

節約旅にも向いていますね~。

 

公共交通機関のない場所に行ける

電車・バスだと停車駅から離れると厳しい。タクシーはお金かかるし・・・。

特にド田舎に行こうとすると、車じゃないと無理。

 

荷物持ち放題

普段は1gでも少なく!!と荷物を減らすのに命かけてる。

車だと「いらないかな?」と思うものですら適当に積んでもだいじょーぶ(笑)

靴ですら2、3足持っていける~

 

道の駅、サービスエリアは神

無料で休憩でき、お土産、食事、観光。トイレもある。

最近ではWi-Fiもほぼ完備されているので、車中泊には神!

 

旅のコストをかなり下げられる

移動の仕方によりますが、のんびり下道移動すればガソリン代のみ。

今回も3日で2500円(ガソリン代のみ)。複数人になればさらにお得。

 

自由度が高い

どこでも自分の行きたい時間に行ける。

急な予定変更でも問題なし!

休憩もしたい時に車の中が休憩所になる。なんでも自由!

 

目覚めてすぐ行動・時間節約

起きたその状態で、とりあえず移動できるのすごい!

部屋着でノーメイクで、髪ボサボサでも!!←

荷物を出したりしまったりもないから時間の節約になる。

 

疲れたらそこが今日の宿

今日の宿にたどり着く前に疲れ果てても、「そこが今日の宿」。

いくつか「宿候補」をピックアップしておくととっても安心。


車中泊の旅~悪かったとこ~

悪かったとこは、「車中泊の悪かったとこ」というよりは、私の経験不足からくるものが多いです。

注意すれば回避できることも!

 

しっかり準備しないと寝不足

初心者だからこその落とし穴。

下調べ、シミュレーションは完璧でも、やはり実際の寝床設営は難しい。

思ってもみないところで時間がかかり、「車内でゆったりリラックス~」という感じにならないことも。

でもこれはやってみないと分からないこと。

一度近場でもお試しして、経験値積んでいこう!

 

寝付きにくい人はちょっと厳しい

身体を伸ばして寝られる場所が確保できても、やっぱり「自宅の布団」にはかないません。

普段から寝つきが悪いとか、場所が変わると寝にくい人は不向きかも。

私はどこでもいつでも寝られる人(笑)

それでも寝返りはしにくいし、多少の凸凹あり。熟睡とはいきませんでした。

 

女1人はリスク管理最重要

女1人旅は増えてきているものの、車中泊となるとまだ少ない?

SA、道の駅、その他駐車場で寝泊りするわけですから、行動は慎重に。

施錠、貴重品管理は当たり前だし、そもそも「女1人」と思われない方がいい。

あまりに人気のない所は危険。同じような車中泊仲間がいるところか

大き目のSAのように人の出入りが常にある所がベターかと思います。

 

夜道・山道怖い

私は街中や渋滞の運転がとても苦手です。

方向音痴だし、運転技術もしょぼい。

なので動きやすい夜に移動したのですが・・・

先の見えない真っ暗な山道を、対向車が20分以上いない状態で運転していると、めちゃくちゃ怖い。

そんな中移動して、やっと着いた初めての場所で、また慣れない寝床設営する。

なかなか大変でした。

慣れないうちは早めに、明るいうちに宿泊予定地に着いた方がいいです。

 

1人車中泊の旅、こんな人におすすめ!

失敗や大変なことも多かったけど、全体として大満足だった1人車中泊旅。

誰にでも向いてるとは思わないし、「1人とかありえない!」って人もいるでしょう。

 

でも、「気になるけどどうなんだろう~~~」という人にはぜひ1度おすすめしたい。

以下に当てはまる人は、きっと車中泊楽しめるんじゃないかと思います。

軽自動車でも十分に楽しく旅できますよ(*’ω’*)

1人車中泊・こんな人におすすめ

  • 些細な幸せをきちんと受け取れる
  • 1人の時間に癒される
  • 普段の生活でストレスフルだ
  • 自然・田舎が何より好き(都会は疲れる)
  • 時間をゆったり使いたい
  • 読書が好き
  • 考え事が好き
  • 弾丸旅は嫌い
  • どこでも寝られる

 

「些細な幸せをきちんと受け取れる」って何なの?

と思うかもしれませんが、これ1番重要かなと。

 

朝目覚めて空がきれい

冷たい澄んだ空気

自然の中で飲むコンビニコーヒー

太陽の陽射し

 

些細で当たり前のことからも幸せを感じられる人。

私は何でも幸せすぎて、ニヤニヤしてましたしね(笑)

雨でも、雨の音聞きながらの車内好きですしね。

 

私にはぴったりすぎるので、今後もちょくちょく車で出かけたいと思います。

冬に向かっているので防寒対策など、問題点を改良して♪

 

日曜しか休みがなくても、県内くらいなら仕事の後にフラッと行けますからね。

 

旅の道中は、この後詳しく記事にします。

乞うご期待ください(‘ω’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください