【次の旅予告】2019.11 京都紅葉の旅2泊3日

ベトナム一人旅⑭激安!バインミー・さとうきびジュース・チェー

前回に続いて、ベトナム・ホーチミンで出会った美味しいもの!

軽食、ジュース、スイーツ

の3つをご紹介します。

 

どれも美味しい上に、どうかしてるくらいお安い。

※チェーに関してはチョイスミスだけど(笑)

 

これからベトナムへ行く方は、ぜひこの3つお試しください♪

ベトナム名物バインミー

フォーと並んで有名なベトナム名物の「バインミー」

ベトナム風のサンドイッチのことで、

だいたいはバゲットにいろいろな具を挟んでいて、手軽に食べられる軽食。

フランスの植民地だった影響がここにも見られます。

本当にお店によって種類は様々で、めちゃくちゃ安いものから

かなり高級具剤をこれでもかと入れた、お高めの観光客仕様もあります。

見ているだけでも楽しくて、いろんなお店のを食べ比べたくなっちゃいます!!

 

元々「バインミー」は単に「パン」のことを指すんだそう。

でも観光客側は、ほぼ「具だくさんサンドイッチ」を指して使ってます。

ホーチミンは一大観光地だから、「バインミー」で通じるんじゃないかな。

 

ベトナムへ行く前から、リストアップしていた中に「バインミーを食べる」はもちろんありました。

でも、あれよあれよと皆でレストランや屋台へ行っているうちに、食べ損ねて最終日。

今日こそ食べる!!と意気込んで、ついにゲット。

 

観光地からかなり離れた、“ド”ローカルな地域の、さらに道端でおばちゃんが売ってたやつ。

そうそう、私こういう地元っぽさ溢れるのが好きなんよ~~~~

観光客用のはいかにも感じがするから。

 

メニューもなにもなく、

「しんちゃおー 2 ぷりーず!」

というだけで、黙々と作ってくれます。

 

具もそれほど多くなく、サラッと食べるのにちょうどいいサイズ感。

 

んでこれがまた、驚くほどのお値段だったのよ。

・・・と言いつつちゃんとメモらなかったので、きちんと覚えてないんだけど(;´Д`)

 

なんと1個50円ちょっと。

 

支払う時に、どれくらい出せばいいのか分からず

サムライに「(2個で)40000VND持ってたらお釣りくる」と言われてた。

「ほんとか?安すぎないか?」と思いつつも4万VND(約200円)を渡す。

そしたら半分くらい返ってきてびっくり(笑)

シンプルなバインミーで、中にはバターやパテ、ハム、パプリカ、パクチーなど。

バゲットがなかなかボリュームあるので、朝ごはんならこれで十分。

50円って・・・。すごすぎ。

 

ちなみに観光地のものは安くても100円ちょっとから300円くらいのものも。

それでも十分安くて、気軽に食べられる。

ベトナム行くなら絶対食べてみてください。

 

お店を探すのも含めて、とっても楽しいです。

 

ちなみに、食べたい物リストの「バインセオ」は食べ逃したーーー!!

またベトナム来なくては。。。

 

木からジュースが!?ワイルドなさとうきびジュース

さとうきびのジュース知ってますか?

私は全く知らなくて・・・「さとうきび?」と困惑しました。

 

万美先生、組長たちと居た時に、バイクでふらりと寄って買ってくれたのが初。

飲んでみたらあっさりしてて、でもほのかに自然の甘さがあって・・・いい♪

街のあちこちでさとうきびジューススタンド(笑)なるものがあります。

気になるのが、作り方。

さとうきびって木?というか棒状のあれ、ですよね。

あれからどうやってジュースが作られるのか。

 

なかなか驚きで、見ていて楽しいさとうきびジュースができる様子を、

動画にてどうぞ!!(音出ます!)

すごくないですか。

豪快にバリバリ~バキバキ~っとローラーにかけて、ジュースを絞りだします。

何度もローラーにかけて、さとうきび自体はカラッカラに。

 

私、これを見るのが好きで好きで(笑)

滞在中にお使いで買いに行ってみたのですが、ガン見してました。

そんな私を市場のおばちゃん達が「この子は何が面白いんだろう?」という目で見ていました。

 

作り方からして、ちょいちょいさとうきびの破片が混じっててたまに吸い込む。

そんな感じもローカルでいいなぁ~って思います。

このビニール袋に入れてくれる感じもいいわぁ(‘ω’)

意外とこれ持ちやすいし、手にかけられるし。便利です!!

まぁけっこうなゴミになってしまうので、そこは気になるけども。

 

最近、台湾なんかではテイクアウトのカップ専用のホルダーがあるらしいですね。

自分だけの可愛いのとか持ってたら、エコにもなるし良さそう。

 

ホーチミンへ行ったら、ぜひ「さとうきびジュース」スタンド行ってみてください。

熱中症予防にも爽やかなドリンクなのでぴったりかと。

 

ドリンクホルダーはこんなの↓


ドリンクホルダー カップホルダー テイクアウト

日本はまだ少なく、海外だともっと可愛いのがあるみたい。

旅行先で買うのも、思い出になっていいな~って思います。

ベトナムのスイーツ【チェー】ドリアン味w

最後はスイーツです!

これもベトナムのローカルスイーツとして、大変有名な「チェー(Che)」です。

チェーには温かい/冷たいものがあります。

冷たいものは、かき氷にいろいろな具材が入った感じ。

温かいものは日本でいうぜんざいのような感じ。

具材は本当にいろいろで、定番は甘く煮た豆、芋、寒天やフルーツ。

それにココナッツシロップがかかっていることが多いです。

甘すぎず素材の味が楽しめる、身体にも優しそうなスイーツです。

私、ふんわりしか覚えてなくて

「チェー?あれ?チュー?・・・違うな、チョー?」

って毎回悩んでいましたが、伝わりました(笑)

 

今回行ったのは、少し前にチェー専門店としてかなり人気が出ていたお店だそう。

(これまた連れて行ってもらって、名前とかあやふや・・・)

夜に行ったけど、現地の方ばかりでした。

チェーは種類がものすごくたくさんあるので迷ってしまいます。

なので、「一番人気なやつ!」と頼んでみたら、なんと

「ドリアン チェー」

 

が出てきましたww

マジか、ドリアンとは予想外すぎたわ。

 

初チェーだから、もっと定番のやつにすればよかったとちょっと後悔。

しかもドリアンも食べたことない。

 

感想は、

「ドリアンまじで臭い・・・えげつない・・・。」

でした(ノД`)・゜・。

食べたら美味しいとか聞いてた気がしたけど、

もう鼻から入ってくる臭みがきつすぎて、味にも影響出とるがな!!!

フルーツのとこは美味しい(笑)

 

しかも私、もともと甘い豆が苦手なんですよね。

日本でも「フジッコのおまめさん」ってありますよね・・・あれ無理。

無理して飲み込んでます。

 

なので、ドリアンと相まって私には微妙な感じに。←ほんとすみませんw

 

でもフルーツとかき氷、ココナッツシロップ。

まずいわけはないので、好みの組み合わせ見つけなきゃですね。

次はメニューみて吟味します!

もしくは「THE定番、なやつください。」って言います!

チェーもお値段は具材によってかなり違います。

ローカル専門店のシンプルな物は100円以下~200円程度。

観光客向けで、豪華仕様だと300円程度かな~。

 

暑くて体力奪われるので、休憩にはぜひチェーを☆

 

 

ベトナム・ホーチミンの美味しいもの特集でした。

 

観光地エリアだと体験できない、ローカル店をたくさん回れて本当に楽しかった。

やはり女一人旅だと、どんなに行きたくても安全を優先してしまって、

ローカル店には行けないことが多く・・・。

行くとしたら自己責任。

危険なポイントや、現地のマナーなどがある程度分かっていれば挑戦できますが、難しいところです。

 

なので今回はサムライや組長と出会って、

おんぶに抱っこであちこち連れて行ってもらったこと、本当に嬉しく思いますし感謝しています。

一人旅じゃないのもありだな~と思う反面、

一人だったからこそ、こういうチャンスに出会えたのかな~とも思います。

 

何人かでいたら、全員の同意が必要だし、そもそもある程度の予定がありますもんね。

フットワーク軽く動けるのは、やはり一人旅ならではなのかも。

 

さて、次はいよいよ帰国が近づいてきます。

お次は、ホーチミンの観光地巡り。

有名なピンク教会(タンディン教会)とかローカル市場とか、お土産何買ったとか・・・。

 

乞うご期待くださいませm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください