【次の旅予告】2020.7 自粛(ソロキャンプ挑戦!?)

【京都1人旅】コロナ騒動、観光地への影響はいかに…

年に4回は京都に行くほどの京都好きな私。

3か月に1度くらいの頻度で、前回は2019年11月。

これはそろそろ行かねば・・・と思っていた2020年年明け。

 

きました、コロナです。

 

1月時点ではそこまで心配してなかったけど、2月から急展開。

世界規模で入国制限やフライトキャンセルなどなど。

イベントはほとんど中止・延期で、いつになったら見通しが立つのかも不明な状態です。

【コロナ騒動】京都の観光客が激減していると聞いて

そんな中、頻繁に聞くようになったのが

「あの京都が観光客激減でガラガラ」

という話。

 

実際にSNSなどを見ていても、人少ない・・・。

あの祇園周辺ですら人が激減。

 

こんなこと今しかないのでは???←私の本音

 

2泊3日の京都旅、感染対策は?

いろいろ自粛ムードの中、旅することに後ろめたさを感じつつ。

でも絶対ダメってわけでもない。

 

幸い私は医療職。

感染対策についての知識はあるつもりです。

 

今回の旅の注意点

  1. 常にマスク必須
  2. 人の密集する閉鎖空間は避ける
  3. 適度に水分を摂る
  4. 手指衛生を徹底(消毒ジェル・除菌ウェットティッシュ)
  5. 自分の体調変化に注意

 

そんなこと一般人でも知ってる?当たり前?

でも当たり前のことが大切。

(職場では1日に手洗い・消毒を100回以上してます。)

 

乾燥はウイルスの味方。

適度に水分を摂るのは大切だし、もし口腔内に侵入しても飲み物で胃内に流してしまう。

そしたら胃酸でウイルスは死滅しますからねぇ。

 

ただ、一番の心配は高速バス移動。

いきなり「密集する閉鎖空間」ですよね(;’∀’)

いやほんとここは避けるべきか迷ったのですが、新幹線も同じ環境。

選択肢としては自家用車、ってことになってしまう。

そ、それは無理。(私が)

 

なのでマスク、眼鏡(もしくはアイマスク)、お茶。

あとは除菌ウェットティッシュを装備して乗り込みました。

行き帰り共に隣席が空いていたのでよかったです。

 

そして現地では、「観光地の様子をチラッと見てくる」のが目的。

あとは散歩したり、宿で副業したり、読書したり。

ただただのんびりした時間を過ごそうと思っていました。

 

かなり贅沢な時間の使い方♡

でも私はこういうのが元々好きなので無問題!!!

 

お気に入りのThe Millennials(ザミレニアルズ)京都で2泊

京都観光地偵察、のために取ったのは、清潔感、サービス、ロケーション全てが最高の

The Millennials 京都 

 

以前の京都旅で1泊したとき一目惚れしてしまい、次の機会を狙っていました。

しかも今はコロナの影響で宿が安くなっているらしいという情報!!

その影響かどうかは分かりませんが、土~月という週末をはさんだ京都で2泊5000円

(私は基本ドミトリー・ゲストハウス利用です。)

 

往復の高速バス代と合わせて、

2泊3日の交通宿泊費:12000円

 

これは・・・素晴らしい。

80インチスクリーン付きの贅沢空間

 

そして今回私が予約したのは、前回よりグレードアップしたお部屋。

80インチプロジェクタースクリーン付き スマートカプセル 

カプセルと言っても、カプセルホテルと違って天井は普通の部屋と同じだし、iPodでライトからベッドのリクライニング、モーニングコール設定までできるハイテク空間です。

広さは同じですが、そこに今回は80インチの巨大スクリーンが設置されています。

自分のスマホやタブレットを接続して、大画面で動画が見られるんです!!

引きこもり系の私にぴったりだし、コロナ騒動だから宿でまったりするのに最適。

 

到着直後からYouTubeやNetFlixの動画を見まくり、快適すぎて外に出る機会を逃したほど。

ちょっと注意点は、音を聞くには自分でイヤホンを持参する必要あり。

TVなどが付いている部屋は、だいたい壁にヘッドホンが設置されているので、あるものと思っていたらなんとなし。

音は普通にスマホやタブレットにイヤホンを接続し聞く。

 

ただ大きいスクリーンが付くだけだし、そんなに変わらないかも?

なんて思っていましたが、最高すぎて2日間ここにこもってもいいレベルです(笑)

テストで再生した「鬼滅の刃」、気づいたらずっと見ていました。

 

決めた!!

ノマド生活始めたら、いつか必ずここに1週間以上滞在するから!!!

引きこもるから!!!

と決意を新たにした私。

 

引きこもりノマド生活がはかどりまくるお洒落ラウンジ

引きこもりついでに(?)

こもり系旅人(??)に嬉しい「24時間使えるお洒落ラウンジ」も私のお気に入り。

 

24時間使えて、フリードリンク、Wi-Fiが使えるだけでもありがたすぎるのですが、このお洒落具合よ・・・。

早朝1人だった時に、写真撮りまくった。

インテリアが好きすぎるし、家電も一つ一つむっちゃ良い物置いてあるし・・・。

ラウンジの隣には宿泊者以外も使える「コワーキングスペース」も。

しっかり集中して作業ができるデスクと充電環境。

ラウンジとは絶妙に仕切られているので、静かすぎずうるさすぎず。

疲れたらラウンジのふかふかソファで休憩したり、がっつり休むならお部屋に戻ったり。

甘いホットチョコレート飲みながら読書したり。

ここは天国です(*’ω’*)・・・

 

やっぱりノマド始めたら1週間以上は・・・(略)

 

【c】【公式】トリップアドバイザー

京都中心部の主要観光地の様子

さて、宿が居心地良すぎて旅に来た目的を忘れかけた私。

現に1日目は宿の半径200mくらいしか動いてないw

(雨だったんですよ。←ちょっと言い訳)

 

2日目は日曜で天気も〇

これは、いつもの京都なら主要な道は人で埋め尽くされる。

朝9時頃から散策開始。

三条河原町、四条烏丸~八坂神社あたりの道をうろうろ。

9時台は普段も人少ないですが・・・やはり違和感を感じます。

 

圧倒的にアジア系外国人が少ない。

というかいない!!

 

普段なら日本人より中国・韓国の方が多いくらいなのに。

外国人は欧米の方が多そうな感じです。

 

3日目の月曜日。この日も天気〇です。

祇園や清水寺周辺を歩き回ってみました。

八坂神社から清水寺に向かう辺りの道は、いつも立ち止まれないくらい人がいるのに・・・

スッカスカです。

二年坂もこの通り。

平日ですが、この人の少なさは異常です。

人が少ないのはラッキーですが、お店を閉めている所もちらほら。

私も毎回行くお店が閉まってて悲しみ・・・でした(´;ω;`)

良くも悪くも日本人が普通に京都観光をしている、という感じ。

これが本来の京都なのかなぁ。

世界的に人気がでるのは嬉しい反面、観光客が増えすぎて地元の方も困っているらしいし。

 

悩ましいところです。

手水屋の水がない!?鈴も撤収!?

今回、感染対策としてあちこちにアルコール消毒が置いてあり、テスターなどは下げられています。

それに加え驚いたのが、神社仏閣での参拝に必須の「手水舎」。

お参りの前に、手を清める役割の「手水舎」に・・・

水がないっ!!!!!

こんなの初めて見ました。

特に参拝客の多い八坂神社は、お参りの際に鳴らす鈴(?)も接触感染対策から撤収されてます。

手も清めず、鈴も鳴らせない・・・モヤモヤしながら参拝しました。

 

もちろん普通に手水屋が使える所もありましたが、今回の旅で印象的な出来事でした。

 

↓これからの海外生活のため、「海外渡航安全御守」を購入♪

コロナ終息はいつになるか・・・

2020年3月、コロナ拡大の真っ最中の京都でした。

確実に変化はあり、感染の広がっているアジア圏の人たちは激減。

その分やや日本人が増えたのかな。

人の少ない京都は貴重でラッキーだったけど、理由が理由なので手放しで喜べない。

大好きな京都なので複雑な心境の2泊3日でした。

 

私は宿が居心地良すぎて、半分以上居座っていましたが、これはこれで充実した旅となりました。

旅だからと言ってせかせかするの嫌なんですよね・・・。

 

気が向いたら散歩がてら観光する。

いつものお気に入りのお店を巡る。

鴨川でぼーっとする。

のんびり旅が好きな私には、十分すぎるほど素敵な京都旅となりました。

 

ただ、3月も下旬を迎えようとする今。

欧米でも爆発的な感染拡大。

日本国内も全国に広がりつつあります。

 

あちこちで入国出国に制限が設けられ、フライトキャンセルが相次ぎ・・・。

日に日に増える感染者数を眺めながら、「終息」を願う他ありません。

 

来月には?

数か月?

いやいや半年?

 

終息までどれくらいかかるのか、今の時点では予想もつきません。

自由にどこでも旅ができるのって幸せなことだったんだなぁと、今更気づきました。

 

次、京都へ行くのはいつになるかなぁ・・・( ˘ω˘ )

 

↓シャレオツだった、京都のスタバ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください