2021.09 初北海道でノマドライフ満喫〜札幌〜

ワクチンパスポート申請&取得してきた【香川県】

新型コロナワクチンを2回接種したら発行してもらえる「ワクチンパスポート
8月中に2回目接種が終わったので、早めに申請してきました。

噂では申請してからめっちゃ時間かかる?
と聞いてたので、なるべく早いほうがいいと思って。

申請から取得に必要なものや手続きを、せっかくなのでまとめました。
ちなみに私は香川県在住です!!

正直とっても簡単ですが参考までに(笑)

ワクチンパスポート申請に必要なもの

通称ワクチンパスポート「新型コロナワクチン接種証明書」は、各市町村で2021年7月から受付開始になりました。

厚労省のページには、以下のように書かれています。

海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。本接種証明書の交付申請は、令和3年7月26日(月)から各市町村(特別区を含む。以下同じ。)において受付を開始しました。

厚生労働省

「各市町村」とのことなので、それぞれ住民票のある場所の役所に行って申請します。
今なら「新型コロナ対策課」みたいな臨時の窓口ができているはずなので、そこに行けばOKです。

※役所じゃない地域も一部あるみたい。

ワクチンパスポート申請に必要なもの
  1. 申請書
  2. 旅券(パスポート)※有効期限内のもの
  3. 接種履歴の確認できる書類
  4. 本人確認書類(運転免許証など)

厚生労働省の方では「接種券のうち「予診のみ」部分」も必要とあって…。
これは、ワクチン接種券と一緒にある↓の真ん中部分のことみたいです。
でも私の市では書いてなかったので、謎。

ただ、この用紙ごと持っていけば間違いないと思います。

申請書は、市町村で用意されています。
パスポートはもちろん有効期限のあるもの!更新間近の方は、更新した後に申請しましょう。

申請は各市町村の役所に直接行ってもいいし、郵送でもできるみたいです。
郵送の場合は役所のHPから「申請書」を印刷して記入。
他の必要書類もコピーして一緒に送ればOKです。


感染がまだまだ多い時期なので、人の多い地域は郵送のほうが安心です。
私の地域は人が少ないので直接行きました。(待ちゼロでした…)

ちなみに書類には「渡航予定の国」を書く欄がありました。

ワクチンパスポート申請〜発行まで(私の場合)

<私の現状>
もともとノマドワーカーとして海外生活予定でした。
現在は国内生活していますが、ある程度安全に渡航できるタイミングを見計らって海外へ行く予定です。
これからの見通しも立たないけど(ワクチンパスポート)取れるうちに取っておこう。

ひょっとすると数週間待つかもしれない…と不安に思いつつ向かった市役所。
そしたらまさかの申請から発行まで15分。

15分です!!!!

待ってる人も誰もいない田舎の市役所。
懇切丁寧な説明。
コピーも全部取ってくれた上に、職員さんに「10〜15分ほどお待ちいただくことになるんですが…」と申し訳無さそうにされた。

いえ!こちらこそありがとうございます!
え?てか今日もらえるんですか!?


と驚いてしまいました。

あっさり10分待ちくらいで呼ばれて、内容を確認して終了。
早い…早すぎるぞワクチンパスポート取得。

私のワクチンパスポート

全国のワクチンパスポート取得事情

なんと15分でワクチンパスポートを手にした私。
ネットで見る「めっちゃ待つ」って噂、ガセやん!!と思ったのですが、SNSなど見ているとそうでもなさそう。

自治体によっては週単位で待つこともあるようです。
というか、ワクチン接種自体も未定の方がいる現状。
今後どうなっていくのか…。

私がSNSで見かけたワクチンパスポート取得事情を少し紹介します。

こちらは保健所、なんですね。各々の自治体HPを要確認です!
通常3週間待ち( ゚д゚ )!!!!
そもそも申請できない件。。。
2週間待ち。というより他の問題が(笑)
自治体によってはeチケットの写しまで必要なのか…

申請・取得に関して注意する点

私は海外渡航を予定(時期は未定)しているため、すぐに申請しました。
でも個人の状況や自治体によっては注意も必要そう。

そもそもワクチンパスポート(新型コロナワクチン接種証明書)の対象者は、

接種証明書は、当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。 
(1)予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと。
(2)我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

 したがって、次のような方は対象になりません。
 ・海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)。
・国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)。

厚生労働省

とあります。

  • ワクチン接種を終えた人
  • 渡航の際、ワクチンパスポートが必要な人

ということですね。
ですので、自治体によっては「すぐに渡航しない人」には発行してくれない可能性があります。
判断によっては私も「すぐ」ではないので発行できない、と言われたかもしれません。

申請の際には以下に気をつけておきましょう。(2021年8月時点)

  • 各自治体のワクチンパスポートに関する情報をチェックしておく
  • 渡航の証明(eチケットなど)が必要な可能性あり
  • 旅券(パスポート)を持っていない人は対象外
  • 至急でない場合は申請できないこともある

正直、私の市のHPには「至急以外は控えろ」とか「今は忙しい!」のような記載は一切なかったです。
今のご時世ですから、渡航の予定と言ってもいつどうなるか分かりません。
皆「予定」としか言いようがない現状。

そのへんの解釈は自治体に任されているのかな〜

私のとこでは「とりあえず予定の国を書いてください」と言われ、埋めとけばいいみたいな印象でした。

ワクチンパスポートの今後?

2021年7月下旬から始まったワクチンパスポート発行。
まだ、ワクチン接種も予約が取れず困っている人もいる中で今後どうなっていくのでしょうか。

私は当初「海外行く予定だしさっさと取っておいて損はない。」くらいの、軽い気持ちでした。
でもいろいろ調べて、少し軽率だったなと反省。


すでに一部のジャンルで「ワクチンパスポート所持で◯◯」のようなサービス?割引?のような動きも見られます。
イベントへの入場にもワクチンパスポートが通行証代わりになったりするのでしょうか?

ワクチン接種済が把握しやすくて便利でいいやん!
なんて思っていましたが、そもそも全国民が取得できるわけでもないワクチンパスポート。
通行証代わりになってしまうと困ることも多々ありそう。


ワクチン接種自体が個人の選択に任されるもの。
ワクチンパスポートの対象者も「海外渡航」目的の人。

じゃぁワクチン接種をしない選択をした人は?
パスポートを持っていない人は?


国内でのワクチンパスポートの有効活用?に関しては問題山盛りのような気がします。

ワクチンパスポートのデジタル化はどうなる?

本日、紙でいただいたワクチンパスポート。
A4用紙で正直破ったり無くしたりしそうで怖いです…。

念のため写真に撮ってPDF化、クラウド保存していますが。
原本を出せ!と言われると面倒くさい紙書類。

市役所での申請の際、職員の方に「デジタル化の話ってまだないんですか?」と聞いてみました。

すると答えは、

ゆくゆくはデジタル化される予定です。
でもまだ全く見通しは立っていません。

恐らく3段階で進んでいって…
1段階目は今の「紙で申請、紙で発行
2段階目が「デジタル(オンライン)申請、紙で発行
最後に「デジタル(オンライン)申請、デジタル発行」になると思います。

年内…どうでしょうねぇ。

とのこと(笑)
まだまだかかりそうです。

もう重要書類「紙」はやめましょうよぉぉぉ( ;∀;)


とりあえず私は無事ワクチンパスポート取得できたわけですが。
いつ使えるかなぁ…。

行きたい観光地、ホテル、カフェのお気に入りが増える一方です。

でもその分国内の素晴らしい土地にも出会えているし、元気に生きていられる今は幸せ。
少しずつ無理せず歩んで行きます(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください