【女一人旅・尾道】近距離きまま旅&尾道の街は素晴らしい┃その①

12月の週末、金曜の深夜に宿を取って旅に出ました。

いつもの女一人旅。行先は広島県尾道市。

坂の街・尾道

坂の街・尾道

私はゆったりと時間が流れる尾道の空気感が大好きで、これまで何度も訪れています。
夏の花火大会も何度も見に行きました。(ものすごい混みようです…)

「そういえば一人で行ったことないなぁ~」
と思ったのと、ちょうど
「旅行きたいっ!でもやることも多い!!なら旅先でやる!!」
という旅発作が起きていたので(笑)

できれば金曜の夜に到着したかったのですが、季節柄忘年会が入っており断念。

近場だし天気も微妙だったけど、ものすっごくリフレッシュできたし癒された旅となりました。
ますます尾道が大好きに(*’ω’*)♡

写真めっちゃくちゃたくさん撮ったので、たくさん載せていく予定です。




【広島県尾道市】坂と猫と町家カフェの街へ

私にとっての尾道の魅力

もうあの街の雰囲気がたまらないんですが、
言葉にするとしたら・・・

  • 時間がゆったり流れる海辺の街
  • 細い路地と階段が作る迷宮
  • 迷宮で出会う人懐っこい猫たち
  • 歩けば出会うほっこりできる素敵カフェ
  • 人の笑顔と温かさに癒される
  • 不思議と懐かしさを感じる街

街全体に癒しの効果がある結界が張られているんじゃないかと思うくらい、どこ行っても癒される…(‘ω’)

せかせかした感じが欠片もないんですよね。
商店街の感じとか、駅前の感じも何か違って感じられるんです。

さて、そんな街に今回行く目的ですが…

尾道一人旅の目的

  • 素敵ゲストハウスにこもってブログ執筆&ぐだる
  • 尾道駅周辺のカフェ巡り
  • 坂の小路探検!!
  • 猫様たちに遊んでもらう

そんなゆるい感じです。
土日と雨がぱらつきそうなので、一日こもってもOKな計画。
前から行ってみたかったゲストハウスがあるので、そこに寄生させていただこう(笑)

尾道一人旅【一日目】

倉敷発→尾道着┃近距離旅は気楽でおすすめ

倉敷駅のホーム

「旅に行く」となると、数日前から準備して、当日は早起きして…
と忙しいと思います。

ですが今回移動はJR在来線。時間にして1時間。

もうね、いつ出発してもいいわけです。
予約した便の時間とかないですし。
朝一でもいいし、ゆっくり昼からでもいい。素敵☆
準備だって1泊だし、普段の荷物に毛が生えた程度。

なので前日は特に準備もせず、時間も決めず就寝。
起きた時間で予定立てよ~っと。

土曜の朝。

改め、「昼」。←

11時起床wもうなんかやる気ない感w

のっそり起きて、着替えたりご飯食べながら情報収集。
電車のだいたいの時間だけチェックして、物も適当にまとめて出発!!
車で駅まで行くので、とりあえず持って行き、要らないものは車に放置するスタイルです。

今まで時間も荷物もきっちり!な旅しかしたことなかったので、
こういうの新鮮でいいなぁ。

倉敷駅にフラリと到着し、電車を待ちます。

寝台列車・瑞風-MIZUKAZE-

ナンカキタ( ゚Д゚)
憧れの寝台列車が倉敷駅にちょうど停車していました。
いつか乗りたい~~

寝台列車・瑞風-MIZUKAZE-

私の乗った鈍行列車は15時頃の。
思ったより混んでる><
途中で座れたものの、人いっぱいだから気が休まらず。

16時頃、尾道駅到着です。

尾道駅ホーム

どこか懐かしくセピア色の街・尾道

尾道、坂の始まり

尾道に着くと、地面は濡れているものの陽がさしています。
雨に濡れた緑が鮮やかで、雨上がりの空気は澄んでいて…わくわくが止まらぬっ!笑

だいたいの土地勘はあるので、ゲストハウスに向けて歩き出します。
駅前から商店街を通るのですが、クリスマス前の連休とは思えぬほど人が少ない。
カップルだらけと思ってたんだけど。

昔ながらの商店街で、レトロな店構えも多くほっこりする。
そんな中に新しいコーヒースタンドやカフェも溶け込んでいて、歩くだけでも楽しい。
なんだろうこの懐かしい感じ。
見るもの見るものセピア色のフィルターがかかったかのような可愛い街。

少し歩いただけで、行きたいお店がたくさんできました。
今日はとりあえずチェックのみ。
まずはゲストハウスにチェックインしてぐだぐだするのだー!!

目指すは坂の上 街が一望できるゲストハウス「みはらし亭」へ

さて、目指すゲストハウスは実は坂の上。

坂の頂上にあるのは、千光寺&千光寺公園。
そこから迷路のような坂、階段、小路が入り交じり、下りたところが商店街・駅。
わずかな平坦な土地を経てすぐ海。
目の前には向島(むかいしま)がすぐそこに見えています。

尾道の街並み

奥に見えるのが向島。尾道水道を挟んで駅と商店街が広がる。

そんな地形なので、坂の上まで登ると尾道が一望できます。
今回のゲストハウス「みはらし亭」は頂上の千光寺のすぐ下に位置し、窓からは尾道の街並みがパノラマのように広がるんです。
(階段を350段程度登る必要がありますがね(;’∀’))

尾道・みはらし亭

その立地に一目惚れして、ずっと訪れるタイミングを狙っていました。

いざ「みはらし亭」へ!!
と意気込んだものの、私が到着するのはそれから1時間後なのでした…。

坂の街?迷宮?喜んで迷い込んだ結果

尾道・坂への入り口

商店街から迷宮への入り口。
もうわくわくが止まりませんね!私だけですかね!!

尾道・線路の上の通路に自転車が

線路の上に生活路があって、普通に自転車停めてある。すごい光景。

尾道・線路と坂

陽射しも相まって、神々しささえ感じる…。
入り口なのに「あぁ…尾道来てよかったよ…(´;ω;`)ウゥゥ」と感極まりそうになる私。

早すぎるw

ゲストハウスまでは石段350段くらい。
さくさく歩けば10~15分くらい?

な・の・に

あっちこっちで写真撮りまくった結果、1時間かかりました。
何をやっているのか私。
ここからはそんな写真たちをごらんください。

そして、もう「その①」はこの写真紹介したところで〆よう。
まだ宿にも着いていないのに、長くなりすぎたー!
でも宿もさらに素敵すぎて、超絶長くなるので切らざるを得ない(‘ω’)←

では「尾道・坂の迷宮ときどきにゃんこ」お楽しみください。

【写真】尾道・坂の迷宮ときどきにゃんこ

早々ににゃんこ遭遇。かーわーえーえー。
奥に黒猫もおります♡

尾道の猫

尾道・第一にゃんこ

坂にみっちり建てられた民家。古さとレトロさと懐かしさと。(某歌のタイトルみたいw)
雨上がりの陽射しが神々しい・・・。

尾道

雨上がりと陽射しは神秘さを生む

もうただの壁なのに、アートっぽく見える。

尾道・壁アートその1

尾道・壁アートその1

尾道・壁アートその2

尾道・壁アートその2

急に前を横切ったにゃんこ。もっふもふやん!かわえぇー(*´ω`*)
後ろ姿も丸っこくて最高やー!!

尾道の猫、もっふもふ

もふもふにゃんこ。人懐っこい♪

もふもふにゃんこの後ろ姿

もふもふにゃんこの後ろ姿

普通の道なんですけど、急にお寺が現れること多し。
神社仏閣大好きなので良き~♪心表われる・・・
お地蔵さんの近くには、猫もよくセットでいたりします(笑)

尾道・坂の途中のお寺を通り抜ける

お寺を通り抜ける

だいぶ登って参りました!振り返ると絶景~

尾道・頂上付近から街を見下ろす

尾道・頂上付近から街を見下ろす

さて、↑の絶景。

この付近にゲストハウス「みはらし亭」はあります。振り返るともうそこ。

最高じゃありません?想像してた通り、いやそれ以上のロケーションにテンション上がりまくります。

ゲストハウスに到着してからは「その2」で!

もうめちゃくちゃ素敵なところなので、乞うご期待くださいませ。

その②です。ほぼゲストハウスの紹介で終わったw

女一人旅・尾道【その①】はこちらからどうぞ♪ さて、前回宿にたどり着いたところで終わってしまったので、 張り切って宿の紹介をしていきたいと思います。 ...