【次の旅予告】2020.2 京都2泊3日1人旅

ベトナム一人旅⑨ホーチミンの夜~ローカル体験~

日本フェスで、無事に目的の書道パフォーマンスを見られた私。

誘ってもらったDJ Samuraiに声をかけに行った結果、あれよあれよと皆でご飯を食べに行くことになり・・・

 

予想外の展開に戸惑いつつ、ホーチミンの夜を過ごすことになりました。

 

ベトナム一人旅⑧はこちらから↓

ベトナム一人旅⑧日本フェスと初めまして愉快な仲間たち♡

 

 

皆で夜ご飯へ in ローカルレストラン

 

イベント後のご飯だから、打ち上げ?になるのかな。

私ただの観客だったけどw良いのでしょうか・・・。

他の関係者に迷惑では?

 

と思っていたら、

万美先生、サムライ、組長、ゆーちゅん 以上。だった。

私入れても総勢5名。

 

お邪魔いたします。

 

愉快なメンバー紹介

 

万美先生サムライは前回紹介しましたね~

 

補足情報として・・・

万美先生は日本在住で、今回のイベントのためにホーチミンへ。

サムライはベトナム在住で、日本に住んでた経験あるので日本語もOK。

 

組長

「組長」と紹介されたから、これからも組長です(‘ω’)←

日本女性でホーチミン在住♪

もう何年も住んでいるので、いろいろ教えてもらった。
そして、組長も数年前から(私が一方的に)知っていた方でもある。

オリジナルの帽子を中心に作っている「SHOKO」というお店を経営。
お花のベレー帽がめっちゃくちゃ可愛い♡
色合わせでシックにもPOPにもなるのがすごい!!!

バイク何度も乗せてもらってありがとうございました♪

 

 

ゆーちゅん

ベトナム在住ベトナム人。
確か24歳?と言っていたと思う。

笑顔のキュートでちょっとシャイなベトナムの青年です。
カメラマンとして同行しているとのこと。
私と同じCanon派でした♪

私がベトナム語全く話せず、英語も片言なのにたくさん話しかけてくれて良い人…(`・ω・´)
せめて英語は話せるようにならねばと強く思ったよ。

 

そして、私「たむたむ」。

愉快な仲間が揃いました。(ほんとに愉快だった 笑)

 

ベトナムのバイク2人乗り初体験は?

目指すレストランまではもちろんバイク移動。

万美先生と私はそれぞれ後ろに乗っけてもらう。

 

初めての体験

 

ドキドキ

 

私はその時、マキシワンピースを着ていたけど膝くらいまで上げて乗るしかない。

そしたら、ゆーちゅんが「Side」って言うから、所謂「横乗り」に。

 

でも!!初バイクな上に、不安定な横乗り。

全く安定しなくて、どこ持てばいいかも分からない~~~~

次の信号で停まった反動で転がり落ちる気しかしない・・・。

 

信号で素早くスカート捲り上げて、またがりましたね(笑)

それでもけっこー難しい。

周りを見ると、皆掴まってすらいなくて・・・マジで??どういうこと?

(実際慣れたら、掴まらなくてもおkでした!!)

 

路面も凸凹してるので、気を抜けない。

でもゆーちゅんめっちゃ話しかけてくれて(笑)

英会話とバイクの両方には集中できないよぉぉぉぉ(; ・`д・´)

 

全然聞き取れない&英語分からない、でごめんね。

 

ヤギのおっぱいを食す!!

 

一人バイクの上で格闘していた私。

無事にレストランに着いてε-(´∀`*)ホッ

 

どうやら焼肉で「やぎ」の肉らしい。

しかも「おっぱい」らしい。との情報。

 

帰国後、調べたところ

ヤギのおっぱいはホーチミン名物で、あちこちに専門店があるほど。

安くて美味しく、日本人にとっては珍しいヤギ肉。

現地でも庶民の味として親しまれているらしい。

 

ローカルなお店初体験

着いたお店は観光客はいなさそうで、地元民で賑わってるところ。

 

私が可愛い可愛いと思っていた、プラスチックの椅子が並ぶ広場♪

ビールジョッキには氷がたくさん。

 

ベトナムならではの光景にテンションも上がる。

 

 

 

「しんちゃお(こんにちは)」

「かむおん(ありがとう」)

 

しか知らなかったベトナム語。

 

3つ目に覚えたのは乾杯コール(笑)

 

モッ、ハイ、バー、ヨー!

 

モッ:1

ハイ:2

バー:3

という意味らしい。

私は帰国するまで「モッハイバーヨー!」が「乾杯!」の意味なのだと思ってた(笑)

 

滞在中、ひたすら乾杯し続けたのでこれだけは完全に覚えました。

 

肝心のヤギのおっぱいは?

必死に考えてみるのですが、恐らく緊張してて覚えてないw

思ったよりクセがなかった・・・ような気がします。

意味のない情報ですみませぬ。

 

 

偶然?必然?の出会いに乾杯

急に飛び入りした私ですが、

そもそもこの出会いのきっかけは私のSNS投稿。

 

それがなければ、このイベントにも誘われなかった。

もし私が投稿したとしても、イベントの日じゃなければ出会うことのなかった人たち。

 

この日に私がホーチミンに来ることを決め、

万美先生がこの日にイベントに来ていて、

私がなんとなくSNSに投稿した。

 

旅先をホーチミンにしたのも、いろんな理由が重なります。

本当は別の旅程のはずだったし。

 

さらに言うなら、元彼と付き合っていなければベトナムに興味もなかったかも。

私としては元彼とは関係なく、自分で選択したつもりだけど、

やっぱりどこか引っ掛かっていたのかもしれない。

というかきっとそうだと思う。

 

いろんな要素が絡まって、どれが欠けても今この場所に私は居なかったなぁ。

と思うと旅ってすごいなと改めて思った。

 

それでも一つ一つは自分で選択したこと。

偶然としか言いようがないんだけど、必然でもあるんだなと。

ホテルに戻ってからぼんやり思った。

 

万美先生とは日本人同士だけど、逆に日本に居たら出会うことはなかったかもしれない。

あえて海外に出てきたからこそ!

この出会いが本当に嬉しい。

 

また明日

海外一人旅でこの言葉を言うことになるとは思わなかった。

「また明日」

 

ヤギのおっぱいを食べた一同は、勢いでローカルもローカルな

大人のカラオケ店をはしご(笑)

セクシーなお姉さん達が相手してくれる、ステージのあるカラオケ店(‘ω’)

ベトナムのおじちゃん達が楽しそうにはしゃいでました。

 

日付も変わりそうな時間に、

皆して私のホテルまで送ってくれてさよなら。

 

そして、明日は一緒にスパに行くことに。

誘われても「そこまで私くっついて行ったらただの邪魔者では?」と躊躇ったのだけど、

「じゃーまた明日ねー!!」と万美先生(笑)

 

うむ、断る理由がなくなった( ˘ω˘ )

 

まさかの異国の地で、「また明日」

一人旅したくて来たものの、この約束がとっても嬉しかった私でした。

 

じゃぁ、また・・・明日!!!

 

と答えてサムライ達を見送りました。

 

目まぐるしい一日に、宿で放心状態の私(笑)

静かにシャワーを浴びて(寝室の一角がシャワールーム)布団に。

 

そしてそこでやっと

「あ、私組長のことも知ってるわ!」

と気づくのでしたw

 

元彼のFBを漁って確信( ˘ω˘ )

 

 

すごいなこの出会い。

約4年越しに写真でだけ知っていた人に偶然出会う。

しかも海外で。

 

重々分かってたはずだけど、

人生何が起こるか想像もつかない。

 

想像もつかない悪いことも降ってくるけど、

今日みたいに信じられない出会いもある。

 

自分の選択に感謝した今日一日でした。

私の人生捨てたもんじゃないな(`・ω・´)

 

 

そんなベトナム2回目の夜。

 

 

帰りの道中、バイク降りて撮った記念写真(カメラが私w)

※ゆーちゅんは帰宅済

(旧正月後のベトナムは、大通りがライトアップされていて綺麗なのです。

良い時期に行ったもんです。)

 

 

 

じゃあ、また明日~

 


ベトナム一人旅⑩ホーチミン2区のお洒落スパ体験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください