ベトナム一人旅【番外編②】旅の準備振り返り(宿、ネット環境)

関西国際空港登場ゲート付近

番外編②は、宿とネット環境について振り返ってみます。

ちなみに私の、宿&ネット環境の要望。

宿は、

ドミトリー限定。コスパを追い求める!安全もね!

ネット環境は、

いつでもどこでも必須!Free Wi-Fiだけとか無理!でも安く!

という人の意見ですΣ(´д`*)

  • 優雅に楽しみたい
  • 相部屋とか無理
  • 旅にネットなんて無粋でしょ

なんて意見の方は、全く参考になりませんw

ご了承くださいまし。




旅の準備〜必須編②〜

旅に欠かせない準備、必須編その②です。

宿とネット環境について、経験に反省を含めお話します(笑)

宿(海外ドミトリー初体験)

わたし、暇さえあれば世界中の宿を検索しまくり、いつか泊まりたいリストを作ってます。

なので、今回も特に困ることなく…というか、ありすぎて絞り込むのに困ったか。

愛用ツールは、やはり海外ホテル検索、Booking.comです。


いろんなホテル予約サイトありますが、ここが一番使いやすい♪

写真もたくさん、情報も口コミも多いです。

ホーチミン観光、どこ泊まる?高級エリアorパックパッカーエリア

海外なので宿がどんなに良くても、立地が悪いとちょっと不安。

ガイドブックや口コミを読みまくった私の見解ですが・・・

観光スポットとしても有名な「ベンタイン市場」あたりから

南北で大きく雰囲気が分かれる感じ。

ベンタイン市場の位置は↓こちら

ベンタイン市場から北東あたりは、高級ブランド店やホテルが立ち並ぶエリア。

1泊2000~3000円程度でも、かなりお洒落なホテルに泊まれます。

ホーチミン市のど真ん中なので、それほど移動しなくても何でもできるし、何でもあります。

治安も良いようですし、普通に旅するならこちらのエリアをおすすめします(*´ω`)

私はどちらかというと、節約旅だしドミトリーが好き。

ということで、ベンタイン市場より南西方面。

9月23日公園あたりの、いわゆるバックパッカー街周辺に宿を確保しました。

ベトナム旅行メモ

宿を決めた後にメモを見たら、思いっきり↑「やや治安× 注意」って書いてあって( ゚Д゚)

下調べの意味とはww

まぁ賑やかでしたが、ものすごい物騒ということはありませんでしたよ~

ちなみに私が泊まったエリアは黄色〇のとこ。高級ホテルエリアは青〇のとこ。って感じ。

だいたいの感じなので、ご参考までに。

(あ、地図中の赤丸がベンタイン市場。
 もはやそれすら知らない時に書いたので「ベンタン市場」って書いてあるwお恥ずかしいw)

初の海外ドミトリー!条件は?

日本のドミトリーは数多く泊まってますが、海外では初めて。

いろいろ挑戦してみたいところですが、旅は無事に帰ってこそ成功。

無謀な挑戦はだめ。ちゃんとリスクマネジメントはしないと・・・。

海外ドミトリーの条件

  • 1泊1000円以下
  • 女性専用ドミトリー
  • 清潔さ、セキュリティー重視
  • 観光地からの立地重視

味のある古~い感じのとこも気にはなりますが・・・

女一人旅、しかも英語も堪能ではない。

まずは、見た目で安全性を判断させていただくことに!!!

さすがに男女混合ドミは挑戦する勇気がない。落ち着けない。

アジア人ちっこいから怖いんだよ、外国の男性の迫力が(´-ω-`)

(優しい人多いのは分かってますが。)

料金は安いと1泊300円台なんて所も!

旅慣れてきたら挑戦してみたいけど、今回はパスです。

600~1000円くらいだといろいろ選択肢あって楽しいです♪

1000円超えちゃうと、ドミトリーの意味とは!?ってなるので却下。

私は4泊合計で、3000円以下という破格のお値段でした(笑)

【脱線】格安ドミトリー生活も夢ではないのでは?

ちょっと話脱線しますけども・・・

4泊で3000円以下ということは、1泊700円程度。
1か月住み着いても…2万円ちょい!?!?

しかもこれ寝床だけじゃなくて、水道光熱費も込み。
ネットも使える、掃除もしなくていい。
朝ごはんまで付いてたり、コーヒーお茶飲み放題だったり。
生活消耗品も最低限あればいいし。

あとは食費くらい?

で、気が向いたら他へ移動もできる。
賃貸じゃないから、契約とか解約とか難しい話いらずに、フラッと泊まれる。

最高ではないの?

永遠に暮らせる気がするけど(‘ω’)?
そんな夢のような暮らしを実現させるために、私いま頑張ってます。
モチベ下がったら素敵なドミトリーを探しつつ(笑)

海外ドミトリー初体験の感想は?

海外のドミトリーだ・・・ちゃんと利用できるかな・・・。

と不安もありつつ旅立ちましたが、後から考えると何の違和感もなかったです。

そりゃ言葉の壁はちょっとありましたけど、

チェックイン/チェックアウトで言われることなんて、日本と変わらない。

日本でも外国人率7~8割のドミを利用してたので、結局一緒やん?てなりました。

日本では絶対ないような造りの部屋も多く楽しめたし、

思ったより清潔で、どのドミトリーも布団はフカフカ、タオルの貸し出しまでありました。

この値段で朝ごはんまで付いてるとか・・・神です(‘ω’)←しかも美味しい

海外だからと身構える必要は、全くなかったですね。

男女ドミはできるだけ避けたいけど。

あと、超激安の価格帯はちょっと冒険ですよね。でも気になるw

最近、お洒落なドミトリー、ゲストハウス、ホステルわんさかできてるので、

節約旅に検討してみてはいかがでしょ~??



ネット環境(現地SIM利用)

さて、インターネット環境確保についてです。

私みたいにネット中毒じゃなくても、一人旅なら何かと調べることも多いはず。

一人で異国の地をフラフラできるのも、

「いざとなったらネットがある!」って安心感が大きいです。

まず初心者は安心のレンタルWi-Fi

ネットは絶対に絶対に確保したいし、英語は分からないし、機械にも強くない。

そんな初心者さんなら、「海外Wi-Fiレンタル」です。

私も、初海外一人旅の時は国内でポケットWi-Fiを借りて行きました。

やはり日本のサービスだから安心できるし、いざって時日本語サポートがある。

少し費用はかかるけど、とっても心強かったのを覚えています。

※私はイタリア7日間で6000円ちょっとでした。

私が使ったのは、CMでも良く見る「イモトのWiFi」です。

同じようなサービスはたくさんありますが・・・

イモトが怪しい商品宣伝しないだろうという、圧倒的信頼感(笑)

でも、実際サービス内容も分かりやすいし、サポートも万全。

現地でも一切トラブルなくネット使いまくれました。とってもおすすめです。



現地のプリペイドSIMに挑戦【Mobifone】

脱初心者を試みる私は、今回現地のプリペイドSIMを使ってみました。

現地のプリペイドSIMって・・・?
現地の携帯会社(日本で言うDoCoMoやSB、au)のSIMカードを購入します。
旅行先でカードを入れ替えて、現地の回線でネットに接続!!
プリペイド式なので、データ容量や利用期間に制限があります。
※SIMフリーのスマホが必要です。

これを使う一番のメリットは「とにかく安いこと。

今回私が購入したSIMは、ベトナムの「Mobifone」という会社のSIMカード。

【mobifone】ベトナムプリペイドSIM 30日間 通話付き! 4G/3Gデータ通信6GB

6GB分のデータ通信ができて、30日間有効。しかも通話付き。

これで850円でした。(2019年2月)

6日間で6GBとか頑張っても使いきれない量!

イタリアは7日間で6000円程度だから、かなりお安い。

ちなみに国によって値段はかなり違うので、自分の旅行先をチェック!

東南アジアは比較的安いようですね(*´ω`*)♪

MobifoneのSIM使ってみた感想

6日間の滞在中がっつり使ったので、その感想です。

とっても快適なネットライフでしたよ♪

購入~使用開始まで

購入は国内にてAmazonでポチ!事前に購入できてると安心です。

数日で届き、日本語の説明書も付いてた。

そして「現地に着いたらSIMカードを入れ替えて、スマホ再起動」するだけ。

iPhoneの場合、全く設定をいじる必要ありませんでした。

すぐに現地の回線でネットができるように!すごい!簡単!!

ただ通話機能を使う場合は、電話番号の設定や、利用スタートする時に

指定された番号に発信したり・・・といった作業がありました。

ネットの速度は?

私はずっとホーチミン市内にいたのですが、ほぼ4G回線に接続してました。

たまーに3G表示になっていることもあったけど、気にならない程度。

いろんなタイミングで通信速度測定アプリで速度測ってみたところ、

10Mbps前後は常に出ているようでした。

十分な速度!!動画も普通に見られるスピードです。

街中はフリーWi-Fiがたくさんだけど、接続途切れやすかったり、速度はいまいちなことも。

やっぱり安定の回線があるって思うだけで、安心できました。

※スタバWi-Fiは安定の速さでした♪

プリペイドSIM【Mobifone】まとめ

MobifoneSIM使ってみた感想

  • Amazonで事前購入できて安心
  • 30日間6GBのデータ量で850円
  • 設定も簡単!(ほぼ)カード入れ替えるだけ
  • 安定の通信スピード
  • 通話付きSIMも選択可能

思ったより簡単すぎて、もう初心者の方でもおすすめできちゃいます(*´ω`*)

ちなみにMobifone以外にも、ベトナムの通信会社は何社かあります。

ただ会社によっては日本で購入できず、現地のみということもあるようです。

空港に着いたら、嫌でもSIMカード売ってるお店が目につくので、

そこで購入するのもありだと思います♪

ホーチミン・タンソンニャット空港

あと・・・

SIMピンだけは忘れるな!!!!

忘れた私が声を大にして伝えたい(笑)ないと本当に焦ります。

専用のピンじゃなくてもクリップでも大丈夫。

忘れてアワアワする私のお話はこちらから↓笑

SIMピン忘れて、SIMカードを交換できない、ネット使えない私は・・・ とりあえず勘でホーチミン市内へ向かいます。 その②はこちらから♪↓ ...


また脱線するけどね?これ↓めっちゃ気になる。

【お急ぎ便】Vietnamobile ベトナムプリペイドSIM 4G・3G 30日利用 データ容量120GB

30日有効      ⇒ わかる

データ容量120GB ⇒ ( ゚Д゚)!?!?!

価格400円以下   ⇒ ( ゚Д゚)!?!?!?!?!

3度見くらいしたけど・・・なんなんこの価格破壊レベルの設定は!

試して自爆してみたい感もあったけど、今回はやめておきました(笑)

誰か勇気があればお試しくださいまし。


宿とネット環境は下調べ重要

今回の旅は、こんな感じで宿とネット環境を調達。

下調べをみっちりしたので、快適な旅ができました~。

SIMピン忘れた以外は。←けっこうショックだったw

宿は疲れた時の拠り所だし、ネットは心細い時の拠り所。

ここがしっかり確保できてたら、安心して旅を楽しめます♡

毎度のことなのですが、毎日宿を変えたのが・・・ちょっと疲れたかな。

貴重な機会だから、いろんな所に泊まりたいーーーー!!

と欲張ったので毎日移動しないといけなくて大変(>_<)

分かっちゃいたんですが、やっぱりか・・・って感じでした(笑)

特にベトナム・ホーチミンだと、昼間がめちゃめちゃ暑いです。

昼間ゆっくり休みたくても、宿のチェックアウトから次の宿のチェックインまで宿なしですw

頼めば共有スペースくらいは使わせてくれそうだけど、

そうじゃなくて私は寝転がってグダグダしたいんじゃーーーー(´・ω・)

利用したドミトリーは、順次旅行記の方で紹介しますねー♪

どこも個性的で本当にすてきでした。

宿のお洒落なテラス